めくりめくる 1かん


倉敷市民であるつばささんにとっては、読まなければならない作品。
めくりめくる 1巻 (ガムコミックスプラス)

めくりめくる 1巻 (ガムコミックスプラス)


…でしたが、はたして。

地元が(ほとんど)出てない…(ぇ

 

倉敷市って、歴史が違う6つの町が一つになったような1市だから、玉島の人であるぼくは、玉島が出ていないと地元が出たとは思えないので…

 

…え、沙美海水浴場ですか?

確かに玉島だけど、ぼくにとっては地元感が薄い地域なので…(;´Д`)

通町とか水門とか清心町とか戸島神社とか出てこいないとなー…

 

コミックガムのサイトの中に、特設ページが出来てますね。

http://www.comicgum.com/MM_kurashiki.php

沙美以外、見事に「倉敷」に偏ってる…

 

作品自体は、日常系のゆるい感じ。一つ一つの話が独立してるので、さくっと読めてしまいます。

倉敷が舞台になってるから「ここ、知ってる」とか「どこだろうなぁ…」とか「どこの制服だろう?2」とか思いながらですけどねー。

 

ところで…

http://mantan-web.jp/2010/10/20/20101020dog00m200004000c.html

ここに書いてる、公共施設向けのポスターってどこにあるんだろう?3

  1. 倉敷・児島・玉島はかつて独立した市だった。船穂・真備は平成の合併で倉敷市になった。残る水島は独立した市だったことは無いけど、高度経済成長の時の工業地帯の整備によって出来た新しい町。 []
  2. 出てる高校生達がみんな同じ学校ではないようで、制服が微妙に違ってる []
  3. ライフパークとか玉島支所とか行けばあるのかなぁ… []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です